組合員用HPへ ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

アクセスカウンタ
今日 : 2121
昨日 : 3939
総計 : 148924148924148924148924148924148924
新着情報
What's 組合
いわき市職員連合
福利厚生
お問合せ
いわき市職員連合労働組合

いわき市平字梅本21
TEL 0246-22-0876
FAX 0246-22-0877
リンク集
メニュー
トップ  >  労働組合の仕組み
 労働組合の仕組み 

労働組合は日常的・定期的に次のような段階や機関を通じながら活動しています。

/場集会・懇談会

まず当局への要求を出すためには、組合員の声を集める事が第一歩です。

とくに都道府県・政令指定都市など職場の規模が大きい場合は、職場を支部や分会など細かく単位に分けて、組合員同士の話し合いなどを行います。


⊆更坩儖会
組合員の声はまずここに集まります。

組合を運営する場合、すべての決定を全員参加で行う事が出来れば理想的かもしれませんが、当然人数も増えれば役割分担も必要となります。そのため、組合員1人ひとりが一票を投じ、代表者である委員長や、組合の実務を取り仕切る書記長、その他の執行委員などを選出し、執行委員会(執行部)を形成します。

団体交渉なども、多くの場合、執行部が組合員を代表して行います。
また、多くの組合では団体交渉の状況や執行部での決定、その他の組合活動について組合員に報告するため、新聞などの機関紙を発行しています。


B膕
大会はおおむね年に一回、組合員全員で集まり、一年間の運動方針などを決めるために開かれます。

これも組合の規模が大きい場合は、一定人数の代表者(代議員)を選出するなどして、出来るだけ多くの組合員の声が反映されるように運営されます。

前
労働組合は何をしているの?
カテゴリートップ
TOP
いわき市職員連合労働組合
Theme Desinged by OCEAN-NET